親友の結婚式が決まりました

小学生の時に出会って25世代の親友のブライダルが決まりました。自分のブライダルの時と同じぐらい素晴らしいかもしれません。
自分のブライダルは相当先ほどだったので、出来事が薄れてしまっていますが。

ブライダルお客様も小学生から一緒の同級生だ。2やつは高校の頃からつき合っているので、15世代つき合っていたことになります。
その15通年、鉢合わせから考えれば25通年を私もみてきているので、一段とアイデア強く、有り難いのかもしれません。

親友は小学生の時2人で一輪車の猛練習した面、中学生の頃から野球部の彼氏が贔屓だった面、それでも報告なんて出来ないと騒いでいた事、それが高校になって彼氏から報告された面、私のロマンス談判もしょっちゅう笑いにかえて奮い起こしてくれた面、社会人になって2やつとも彼氏に内緒で合コンに行った面、結局嘘がつけずに正直に謝った面、など思い起こしたらきりがありません。

「少なくブライダルすればいいのに」「なんで打ち切るんだろう」なんて勝手に常に思っていましたが、2人のシチュエーションという想いがどうにか結びついたようです。
ドラマとか画像にやれるんじゃないの?なんて見まがう2やつ。

15世代つき合うって正に凄いとしか言えません。一回も大きな別れのリスクなんてやり方もなく、幸運ってこういうことなんじゃないかなぁといった。こんな事って現実にあるんだなぁと私も幸せな気持ちで思う存分だ。

わたくしはちっとも夢の居残るブライダルではなく、平凡な鉢合わせからのブライダルだったので、そういう素敵な2やつが羨ましくも思えます。

プロポーズもかなり夢のような言明で、わたくしはその言明を2人から聞いて泣けるほど感動してしまいました。
プロポーズの内容は要なので書けませんが、邦人もこんなにも愛表現できるやつがいるんだと思いました。
世間の邦人旦那に見習ってほしいものです。

こんな2人の婚姻は惜しくも先決なのですが、今から婚姻が楽しみで仕方ありません。涙涙になることでしょう。
2やつなら幸せに変わる面ダヨが、切に歓びを願っている。ドラストの過去の限定特典